忙しい人絶対見て!社畜で働きながら副業ができる3つの裏技とは…

マインドセット

 

どうも、あきです。

今回は

仕事が忙しくて
副業なんかやってるヒマないよ!って

あなたに

とっておきの

3つの裏技を

お伝えします。

 

あなたが
この方法を知らなければ…

毎日仕事で疲れて
副業なんかやる気力がでない

残業ばかりでヘトヘト、
休日は寝て終わる。

やっと金曜が終わったと思えば
土曜も休日出勤。

朝は目覚ましかけても起きれず、
いっつも会社に遅刻寸前。

仕事に追われて何の為に
生きてるかわからない。

etc…

といった具合になる事でしょう。

 

 

お金を稼ぎたくても
仕事で自分の体力、気力が削られ

給料は増えず、貯金もできず、

日々の暮らしで精一杯。

 

仕事しながら副業してる人って
どうやってるんだろう?

なんで仕事しながらでも
できるんだろう?

僕とは違って才能があるのかな?

それとも僕の心が弱すぎるのかなと
自分を否定。

凡人は凡人らしく、
社畜として生きるしかないんだと

いつしか副業を諦め絶望。

最終的に挫折し

社畜として今までと同じ
ストレスフルな毎日を過ごす。

 

 

毎日ストレスで食欲がでず
ウイダーゼリーでお腹を満たす。

会社では顔色悪いね、大丈夫?と
形だけ心配され、仕事は山積み。

ストレスフルな社畜として
最悪の人生を終えるでしょう…

 

逆にこの方法を知れば…

仕事疲れから解放され
副業にも集中して取り組める。

休日は疲れて
寝て終わる事がなくなる

目覚ましできちんと
起きれるようになる。

ウイダーゼリーでなく
朝飯がきちんと食べれるようになる。

会社の為じゃなく
自分の為の人生が送れるようになる

といった具合に副業に対して

全力全開120%の力を注ぐことが
できるようになります。

 

 

そして心に余裕が生まれ
仕事も副業もスムーズにできる。

もっともっと副業を頑張りたい、
成長したいと思えるようになる。

成長している自分に実感がわき
自信が確信に変わる。

 

その結果、
副業で安定して稼げるようになり

本業の収入を超える事だって
できるでしょう。

そんなふうになりたいあなたは
ぜひ最後まで読んでくださいね。

では本題に入りましょう。

 

社畜で忙しくても副業できる?

 

あなたは社畜で忙しいと
副業をやる時間が無いと思ってませんか?

 

 

半分正解、半分間違い!

家に帰るのはいつも深夜。

風呂入って軽く飯食べて
寝るだけ。

朝は疲れて
ギリギリまで寝てる。

おそらく社畜の人は
こんな生活だと思います。

 

そうだろう?

この生活をやってて
どうやって副業やるんだよ!

間違いなんかないだろうが!

いえ、間違いあるんですよ。

??
どういう事?

もっと詳しく教えてよ。

はい
わかりやすく説明しますね。

 

 

まず家に帰るのが
いつも深夜ってどれくらい
働いてますか?

15時間くらい?

そもそも働きすぎ、働かせすぎは
あなたにとっても
会社にとってもデメリットしかありません。

その分たくさん給料がもらえるなら
少しは納得できますが…

おそらくサービス残業が
ほとんどですよね?

会社に従う、
上司に従うのは悪い事ではありません。

でもね。あなたの人生はあなたのモノ。

もっと言えばあなたの華族や友人。
大切な人たちと幸せに暮らすためのモノ。

会社なんて体を壊したり、心を壊したら

ポイ捨てですよ。

 

 

だって代わりなんて
いくらでもいるから。
※仕事ができる、できないは別。

じゃあ何?サボればいいって事?

いえ、そうじゃないです。

いやいやサボる以外無いじゃん!

 

違います。
落ち着いて聞いてください。

きちんと教えますから。

 

社畜のまま副業をやる具体的な方法

 

仕事で忙しい中
副業をやる方法…

それは、

“時間を作る”

です。

えっ?

その時間が作れないから
悩んでるんだけど…

もちろん忙しいって言ってる人に
とにかく時間を作れなんて言いませんよ。

だってそれじゃ

ただ気合いで頑張れって言うのと
同じですから。

頑張る気持ちは大事だけど
気合いだけで解決はできないです。

 

 

じゃあどうすればいいのってなりますので

3つ具体例を出しますね

①仕事を引き受けすぎない。

これは言葉の通り、
なんでもかんでも上司のいう事や
同僚のいう事を聞きすぎるなって事です。

そんなこと言ってる僕も昔は…

これをやっとけ!

おれ忙しいから頼む!わりい!

はい、わかりました。という感じで

完全なるイエスマンでした。

イエスマンが一人いれば、
めんどくさい仕事や残業したくない時
全て押し付けられてしまいます。

 

 

だって言い返さないんだから。
それに会社は良くできてるもので

要領よく言葉がウマい人

上司へのゴマすりがウマい人

この2種類のタイプが
楽をして給料を上げていき

マジメに頑張る

イヤな仕事、めんどくさい仕事を
押し付けられる人は自分のキャパを超え
失敗しまくる。

そして、あいつ使えねーなと
ダメ社員認定されてしまいます。
※自分のキャパ内ならきちんと仕事ができる人

なので、自分にできる範囲以上の事は
今この仕事をやっているのでできません。

その仕事は時間内ではできませんので、
一緒にするなら協力します。

こんな感じで

負担を減らすようにしてください。

といっても、

俺の部署は全員が忙しいから
そんな事できないよって人も
いますよね。

 

 

よくわかります。
僕もそうでしたから。

そんな人にはこれを提案します。

②部署移動を上司に提案する。

これは自分の

精神的ストレス、
肉体的ストレス、

どちらも考えて

今より楽になる部署に
異動させてくださいと言うんです。

ただし、
こんな言い方は絶対ダメです。

今より楽をしたいから
別の部署にいかせてください。

こんな言い方をしても
上司を怒らせるだけです。

 

 

言うんだったら
こんな言い方にしましょう。

 

休みの日もクレームの事が
頭から離れません。

平日も夜中に何度も
目が覚めてしまうんです。

自分の心が弱いのは
わかってます。

ですが、このまま続けても
客先に迷惑をかけてしまい、

チームのみんなにも
迷惑をかけてしまいます。

ですので申し訳ないですが
検査チームに部署移動させてください。

 

 

こんな感じで…

会社の上司だって同じ人間です。
ここまで言われてダメだ!

耐えろなんて言いません。

というか言ったら
完全にアウトです。

それにここまでなってしまうと

ストレスチェックで間違いなく

高ストレス者判定になります。
※僕も高ストレス者でしたから(笑)

そして

自分の抱えている
仕事の負担を減らすんです。

僕の場合は肉体的よりも
精神的の方が多かったので

クレーム対応→ただの作業者へ

この提案は効果的でした。

 

 

といっても

部署移動が受け入れられず
仕事負担がちょっぴり軽くなった
程度でしたが。

僕としては
ちょっとでも軽くなったのは
大きな効果がありました。

これもできないよって方
いると思います。

というか絶対います。

そうなったら最終手段です。

③退職希望を出す。

これはホントに最終手段。

 

 

辞める提案をするわけですから。

基本的に会社は

よほど使えない社員でない限り
退職を引き止めます。
※売り上げダウンやコロナショックを除く

なんで辞めるんだ?

考え直してくれないか?

どこか他にできそうな
部署は無いか?

こんな感じで投げかけてきます。

もしあなたが
やりたい部署
(自分の仕事負担が楽になる)

そんな部署があるなら、

この部署に異動していいなら
残っても構いませんよ。

こう提案するのも良いです。

立場は完全に逆転できてますので。

考え直してくれないかという
提案についても

こういえばいいです。

完全に僕のキャパを超えています。

やってもやっても
サービス残業だし、

このまま続けたら

近いうちに心が壊れてしまいます。

だから辞めさせていただきます。

 

 

そういったら

サポートメンバーを
補充してくれるかもしれません。

いずれにしても、

退職する。

このキーワードをだせば

上司含め会社側は
したてにでるようになるはずです。

なので、これを利用するんです。

それでも今の辛い状況が変わらない場合は
本当に辞めるのもありです。

どんなに稼がないといけない状態でも
あなたの心と体が壊れてしまったら

回復するまですごく
時間が掛かってしまいます。

もしかすると

二度と回復できないかもしれません。

鬱はそれくらい怖いんです。

 

 

次の二つの例を比べて
よく考えてみてください。

(例)
頑張り続けてダメになる

正社員で手取り20万円

心を壊して休職する

休職中は6割給料が支給される
(手取り12万円)
※僕の会社の場合

心が壊れてるから
部屋からでられない。

人を信じる事ができない。

いつ回復できるかわからない。

その結果

退職するが
再就職先が見つからない…

 

 

 

(例)
心が壊れる前に退職する

手取り15万円

簡単な作業

必ず定時であがれる

半年たてば有休もらえる

休日出勤無し

どちらがいいと思いましたか?

 

圧倒的に後者が多いはずです。

自分の心と体が壊れるくらいなら

退職し別の会社を探すのもありと
いう事です。

自分の心と体を一番大切にしてください。

 

 

あなたとあなたの大切な家族の為にも…

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

復習もかねてもう一度言います。

仕事が忙しくても
副業をやるには…

“時間を作る事”

その為の手段は

①仕事を引き受けすぎない

あなたが無理をしなくても
会社は回ります。

回らなきゃいけないんです。
それが上司の役割なんですから。

きちんと無理なものは無理!
そういって自分の時間を作りましょう。

②部署移動を上司に提案する。

無理をして心が辛い部署に
いなくてもいいんです。

適材適所があります。

あなたが心を病んでしまっても
会社は助けてくれません。

自分の事は自分で守る。

その為に部署移動を提案するのは
何も悪くないんです。

むしろそれで

あなたが仕事もスムーズに
進める事ができるようになれば
会社側にもメリットですから。

そしてあなたの心に余裕ができて

帰宅した後はビジネスに取組める。

会社とあなたどっちにとっても
Win×Winな関係ですよね。

 

 

この関係を作りましょう。

③退職希望を出す。

あなたの心が限界になりそうなら…

その前に退職希望を出しましょう。

心が壊れてしまってからでは
遅いんです。

まだ大丈夫かな?なんて
ガマンはしないでいいんです。

だって会社があなたに

心を回復するサポートは
してくれないんですから。

せいぜい
産業医と面談させるくらいです。

これは僕も行いましたが
何の意味もなかったです。

結局産業医は会社から雇われてるので
強く言えないんですよ。

あーだこーだと
会社側に文句を言ったらクビになる。

そして別の産業医がくる。

ただそれだけです。

だからこそ、
自分で決断する事が大事なんです。

 

 

副業を始めたいけど
仕事が忙しいと言っているあなた!

それを言い続けても
なにもかわらないので

明日朝いちばんに

上司に直接話しをしましょう。

難しく考えないでいいんです。
不安に思わないでいいんです。

だって誰かを否定したり、

自分を痛めつける事
じゃないのですから。

簡単なんです。

ただ決断しない。
行動していない。

それだけなんです。

変わりたいなら行動する。

会社の為に働いても

あなたにはストレスと
少ない給料

これくらいしか
見返りがありません。

どっちを選ぶか
あなたが決めてください。

 

 

自分の為に生きるか?

会社の為に生きるか?

一度きりの人生

たった一度の人生

あなた自身が

悔いの無い
選択をしてください。

もしあなたが
副業に全力で挑戦したい!

けど①~③とは違うんだよな…

それでも何とかしたいんですって
悩むなら僕に相談してください。

人には言いにくいはずだから

公式LINEに登録しての相談でも
DMでもどっちでもOKです!

 

 

全力で相談にのりますから。

僕自身が社畜として
つらい思いをしてきました。

同じ想い、

いやそれよりも
もっとつらい思いをしてる人は
多くいるはず。

そんな人たちに
副業っていう可能性があるんだよって

個人で稼ぐ
ネットビジネスの
可能性があるんだよって

届けたいし、伝えたい。

その想いから
このブログを書きました。

あなたの人生が

悔いなく過ごせる
きっかけになったら幸いです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

あき

 

☆終わりに☆

ビジネス知識0の

凡人社畜サラリーマンが、

今まで学んできた

ネットビジネスの知識を

詰め込んだ

「あきの公式アカウント」を

始めました

無料で登録できますので、是非。

 

▼公式ライン登録はこちらから▼

ご質問などもお気軽にどうぞ!

各ブログの内容はもちろん、
ここでは話せない細かいところまで!
有益な情報をたくさん配信予定です。

お友達登録
お待ちしています(*^^*)♫

 

 

 

コメント

プロフィール

どうも、あきと申します。
ノウハウを極めたもののマネタイズに直結する未来が全く見えないあなたにこそ、結果を出してほしい。
そんなあなたに向けたコーチングをしています。
強者不在のあなただけが独占できる市場。すなわち、独占市場にあなたを導き、届けたい人に価値を届けるコーチングです。
【実績】独占市場に参入後、実績ゼロにも関わらず合計7日間セミナー開催、
セミナー参加者に逆オファーをいただき2万円収益化、某不動産業界社長に「ぜひ!」とべた褒めされ2万円の添削案件獲得!
再現性を持った手法にこだわってます。
ぜひ!自らの力で結果を証明したいあなたは僕と一緒に独占市場で結果を出し続けましょう。

あきをフォローする